2017年03月02日

下田尚利作品集「いけばなと私」









現代いけばな界のレジェンド
下田尚利先生が
作品集「いけばなと私」を出版した






  2017年2月26日山の上ホテルで開催された
  グループ仲間の旧Fの会によるお祝いの会で
  くつろぐ下田先生


  下田尚利(しもだたかとし)
  1929年東京生まれ。早稲田大学在学中から生け花活動を始め
  1950年代には前衛いけばなの「新世代集団」を結成。
  やがて実作者の眼でいけばな評論を展開する一方
  いけばな作家たち超流派活動を牽引し続ける。
  1984年大和花道家元を継承し、現在に至る。






  【本書の内容】
  いけばな作品集
  花木/花たち/平面/葉/実/野菜・果物/
  団体展/イベント/1950年代
  対談:「倒けつ転びつの道行き」
  下田尚利×三頭谷鷹史(美術評論家・名古屋造形大名誉教授)
  いけばな論集
  新聞、雑誌等に発表した文章から厳選した35本収録
  いけばな年表
  昭和・平成いけばな史+下田尚利年譜
  作品目録





  A4変形(297×225㎜)
  布クロス装かがり上製本ケース付
  総頁216頁(カラー104頁)
  定価16,200円(本体15,000円+税)
  発売|㈱求龍堂
  〒102-0094
  東京都千代田区紀尾井町3-23文芸春秋新館1階



ざっと作品集を開くと
こんな感じ↓






















こちらは作品集を紹介した
日本女性新聞の書評↓








ざっと作品集の概要を記したが
下田先生に初めてお会いしたのは
1975年の熱い夏の日だった


新企画の「お茶と花と文化講演の集い」の
講師にお願いするため
銀座の下田先生のオフィスを訪ねた


階下のラウンジで待っていると
下田先生は階段を駆けるように降りてきた

軽い身のこなしと爽やかな笑みが
映画のシーンを見ているようで
言葉を失ったことを
昨日のことのように覚えている
  





  後列左から5人目が下田先生
  前列左から3人目が私



人生はスジ書きの無いドラマというが
そんな私が時を経て
下田先生と同じグループで
活動するようになるから不思議

  

余談に逸れたが
戦後いけばな史と重なる本書は必見!


希望される方は下記メールで是非
ikebanakato@yahoo.co.jp


同じカテゴリー(いけばなから)の記事画像
第43回華道豊展はじまる
昨日はいけばな仲間の忘年会のため東京へ
お薦め!いけばなイベント
今年も華道豊展の季節がやってきた
犬山の岩田洗心館でユニークな珈琲茶会
味岡伸太郎の「花頌抄」は平成の花伝書
同じカテゴリー(いけばなから)の記事
 第43回華道豊展はじまる (2017-08-30 23:58)
 昨日はいけばな仲間の忘年会のため東京へ (2016-12-13 18:07)
 お薦め!いけばなイベント (2016-11-08 20:25)
 今年も華道豊展の季節がやってきた (2016-08-12 23:26)
 犬山の岩田洗心館でユニークな珈琲茶会 (2016-07-04 21:15)
 味岡伸太郎の「花頌抄」は平成の花伝書 (2016-05-27 21:13)

Posted by かとうさとる at 11:06 | Comments(0) | いけばなから
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。