2017年10月10日

手折った秋桜を居間にいける






花/秋桜
器/瀬戸の石皿
  


Posted by かとうさとる at 13:21 | Comments(0) | 花日記

2017年10月05日

大割烹だるまの「花」をいけかえて月見酒





10月4日中秋の名月
大割烹だるまの「花」をいけかえて
オーナーと鍋で月見酒











  


Posted by かとうさとる at 02:00 | Comments(0) | 花日記

2017年09月22日

大割烹だるまの「花」をいけかえる








いけばなは「場」のおもてなし




 


  花材
  シラカシ、ミズナラ、タイザンボク
  柿、棕櫚、アンスリューム、鶏頭ほか
  


Posted by かとうさとる at 01:21 | Comments(0) | 花日記

2017年06月03日

昨夜は大割烹だるまの「花」の活け替え










ちなみに
こちらは前回の花





  


Posted by かとうさとる at 01:45 | Comments(0) | 花日記

2017年04月25日

今夜の賄い花はシクラメン














  花/シクラメン
  器/工藤真人
  


Posted by かとうさとる at 02:24 | Comments(0) | 花日記

2017年04月22日

大割烹だるまで山ツツジをいける





一昨日、
大割烹だるまの花をいけかえた










使用した草木
山ツツジ、レンギョ―、雪柳、木瓜、
松、柳ほか




あとは









美味しいお酒とアテで
酩酊タイム
  


Posted by かとうさとる at 03:33 | Comments(0) | 花日記

2017年04月13日

玄関にツツジをいける









漁師は魚を
鉄砲うちは熊を土産にして帰るが
私は花木が一枝あればいい
今日もツツジを手土産に帰宅






  花:ツツジ、椿ほか
  器:猿投窯山田和俊さん
  


Posted by かとうさとる at 22:18 | Comments(0) | 花日記

2017年04月10日

桜をいける








いけばなをはじめて約半世紀になるが
桜をいける機会は意外と少ない


手に余るというのが理由だが
そろそろ桜と向き合わないと
間に合わなくなってしまう


先ずは手はじめに
軽~く





  花:桜、花桃、椿、松ほか
  器:鉄器
  場所:大割烹だるま
  


Posted by かとうさとる at 02:49 | Comments(0) | 花日記

2017年03月06日

今夜の賄い花は椿一輪














  花:椿ほか
  器:山田和俊
  場:自宅玄関
  


Posted by かとうさとる at 00:25 | Comments(1) | 花日記

2017年02月17日

農村舞台アートプロジェクト2017始動









昨日は文化振興財団で
農村舞台アートプロジェクト2017の初協議



恥ずかしくて口外できないが
各地の数あるアートイベントの中でも
最も貧乏なプロジェクトで
意地でどうにか支えられているようなもの






  寺本デュオのおしゃべり音楽会でいただいた花


今日は午後から
3月に予定している
豊田シティバレエ団のロシア公演の
最終協議


いろんな経緯があって
相談事やら参加者の調整など
「わかった!」と引き受けたが
よく考えたらアホみたいなもの

苦笑するしかないが
一事が万事で考えてしまう







  寺本デュオのおしゃべり音楽会でいただいた花




夜は足助の怒田沢集落で
農村舞台の地元協議





残された時間が限られているのに…
気分は限りなく複雑系
  


Posted by かとうさとる at 12:17 | Comments(0) | 花日記

2017年02月02日

大割烹だるまの花を活け替え








昨夜
大割烹だるまの花を活け替えた








  花材:大王松、槙、白梅、栁、南天、棕櫚の葉、椿ほか
  器:スタンド式鉄器




  太っ腹の社長が「美味しいよ」と
  出してくれたのが飛騨牛の幻の部位シャトーブリアン
  

  
美味しいお酒と御馳走をいただいたが
あとはよく覚えていない
  


Posted by かとうさとる at 23:15 | Comments(0) | 花日記

2017年01月25日

待ち人来たらず









玄関に赤い花





  花は椿とグロリオーサ
  器は猿投窯の山田和俊さん
  


Posted by かとうさとる at 01:59 | Comments(0) | 花日記

2017年01月20日

大割烹だるまの花をいけ替える






昨夜は大割烹だるまの
花をいけかえ








  花材は大王松、紅白梅、南天ほか














  いけ終えた後は
  例によって美味しい名酒と
  美味しい肴でごちそうさま







  さとるさん次は何にする?
  と女将







  あんたも何か言ったら
  と若女将(左)
  


Posted by かとうさとる at 23:56 | Comments(0) | 花日記

2017年01月13日

眠れぬ夜は花がお話相手





名古屋地方気象台は10日
ウメの開花を観測したと発表した


平年より23日早く
観測史上2番目に早いとのこと










   花:椿、紅梅、松葉
   器:高岡鉄器



お釣り土場の椿が
いつもの年より早く開花したのも
納得
  


Posted by かとうさとる at 02:51 | Comments(0) | 花日記

2017年01月06日

昨夜は大割烹だるまで初いけ










肩のリハビリ中で
右腕が上がらず不自由していたら
今度は風気味で薬箱を開けたら
みんな賞味期限でアウト


常備薬が賞味期限切れになるということは
丈夫な証だが
これからは用心しないと大変







さて、昨夜は大割烹だるまで初いけ
ところが前述したよに肩のリハビリ中で
右腕が上がらず
いけあがったのは開店直前










あとはいつもの通り  


Posted by かとうさとる at 22:50 | Comments(0) | 花日記

2016年12月26日

今日はラッキョで軽~く昼飲み




気が付けば
年の瀬も残すところわずか






  花≠近場で採集した草木花
  器≠北欧のクラフト


昼過ぎ頃
小田木人形座同志で
市議会議員の三江さんが新酒を携えて
我家へ


三江さんは悪戯好きの少年が
そのまま大人になったような人で
笑ってしまうが
ジブリのトトロのような不思議なキャラに
癒されている人は多いのではないか







そんな訳で?
三江さんが帰ったあと
いただいた新酒の口を切り
ラッキョを肴に軽~く昼飲み
  


Posted by かとうさとる at 17:21 | Comments(0) | 花日記

2016年12月03日

大割烹だるまに自採りの草木花を活ける




以前から
フェイスブックを薦められていたが
ふと、思うことがあって1カ月ほど前
初鳴き


そこで見たのは中国映画擬きの
情報の空中遊泳でカルチャーショック


良くわからないが
「離見の見」がないと
フェスブックは大変



予断に逸れたが
昨夜は大割烹だるまの花を活け替え






花材は桐に松に南天に柳にドウダンに
野茨、蔓梅擬、葉牡丹などなど
自採りの草木花の季寄せで
いろいろ








例によって活け終えたあとは
福井の「黒龍」、三重の「而今」に始まって
名酒のハシゴ


農村舞台仲間で
衆議院議員で
文化庁族議員(笑)の
八木哲也さんも顔を出したが
よく覚えていない








最後は愛環の最終電車に飛び乗ったが
家の鍵がない


幸い秘密の場所に合鍵を隠してあるため
どうにか家に入れたがサイテイ


で、今朝携帯を見ると
「さとるさん、また鍵忘れてるよ」と
大割烹だるまの女将からメール(感謝)





今日は午後から
能楽堂で「人形たちのつどい」






このブログでも
度々記しているため説明は省くが
小田木人形座の能楽堂デビュー
開演は午後2時
まだ間に合うため是非
  


Posted by かとうさとる at 12:27 | Comments(2) | 花日記

2016年11月17日

赤い実は晩秋のセレナーデ







農村舞台アートプロジェクトの第2弾
「アート」の公開制作がはじまった松平郷で
赤い実の草木を見つけた







植物図鑑によると
根〆の赤い実は蝮草(マムシクサ)
小枝は実葛(サネカズラ)


器は中島将大さんの高麗青磁
中島さんは仕事盛りで亡くなってしまったが
私の周りで一片またひとひら
仕事仲間が消えていくのは
淋しいもの
  


Posted by かとうさとる at 11:21 | Comments(0) | 花日記

2016年11月12日

大割烹だるまの花を活け替える







11月10日
大割烹だるまの花を活け替えた








  花材:柿、栁、松、南天、蔓梅擬
  フォックスフェイス、ストレチアほか



いけ終えたあとはサプライズ





「さとるさん!この帽子かぶりん」と若女将
「さとるさんの誕生祝をするから」と女将


大割烹だるまのファミリー全員が
テーブルに来てシャンパンで乾杯

トシは言わないが
美味しい料理とお酒をいただいて
竜宮城に招かれた浦島のようなもの


どうにか家に帰ったが
あとはよく覚えていない
やっぱり、トシ
  


Posted by かとうさとる at 03:00 | Comments(0) | 花日記

2016年11月07日

失った時間は戻ってこないが命は無限








今日は冬の始まりを意味する
二十四節気の一つ立冬


私もそろそろ冬支度をしなければ
試しに男性の平均寿命を節気で割ると
私の現在地は大雪から冬至の間


失った時間は戻ってこないが
命は無限






  花:カンナの葉
  器:ガラスボール


切なさ半分
どんな「人」と「花」に出会えるか
楽しみ


でも…
みんなは迷惑だろうな
  


Posted by かとうさとる at 14:22 | Comments(0) | 花日記