2018年04月20日

散り際も見事 百花の王




賄い花は感謝から




  いただいた牡丹を古伊万里の大皿にお供え


料理人が自分たちの食事のために
ありあわせの材料でつくる料理を
賄い料理とよんでいる


もちろん
賄い花は私の造語だが意味は同じ
ありあわせの花材で
日常的に花と戯れることを表したもの




ふれなばおちん百花の王




  居間の絵を代えて百花の王に敬意を



散り際も見事百花の王




  吉川正道さんの青磁で手向けの儀式


ありあわせの花材で
花と戯れる平凡な日常が
賄い花という言葉を与えることで
華やいで思えるから
言葉は大事


同じカテゴリー(花日記)の記事画像
今朝の賄い花は秋桜
今朝の賄い花は秋桜
秋桜の思い出
今夜の賄い花は彼岸花
今夜も夜鍋
今朝の賄い花は秋海棠
同じカテゴリー(花日記)の記事
 今朝の賄い花は秋桜 (2018-11-06 15:39)
 今朝の賄い花は秋桜 (2018-10-30 11:07)
 秋桜の思い出 (2018-10-19 11:56)
 今夜の賄い花は彼岸花 (2018-09-27 19:20)
 今夜も夜鍋 (2018-09-16 00:42)
 今朝の賄い花は秋海棠 (2018-09-15 00:22)

Posted by かとうさとる at 11:28 | Comments(0) | 花日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。