2017年11月28日

まだ間に合う民芸館の紅葉





紅葉の名勝といえば
足助の香嵐渓を挙げる人も多いが
近場の平戸橋も負けていない


平戸橋一帯は江戸後期の漢学者
永田蘭泉が「衣の里」八景の一つに詠むなど
古くから景勝地として親しまれてきた


説明は省くが
場瀬古墳群から
矢作川の水運の繁栄を今に伝える
土場(川湊)の遺構
枝下用水や越戸発電所
前田公園から国内有数の民芸館まで
文化資源を露天掘りするようなもの




昭和初期の平戸橋





  郷土史家の故若子旭さん
  山岳写真研究家の故杉本誠さんが監修した
  「とよた今昔写真展」より昭和初期の平戸橋

  山が白く見えるのは薪などで伐採されたあと
  写真左に帆かけ舟がみえる
  確かなことは不明だが写真右に上流に向かう
  観光用の屋形舟が写っていることから
  当時行われていた観光用の鵜舟ではないか



まだ間に合う民芸館の紅葉












「柳宗悦が蒐集の軌跡」もお薦め





  11月22日発行の朝日新聞より転載


同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事画像
鞍ヶ池の紫陽花ロードが見頃
小堤西池のカキツバタ群落が開花
ふじの回廊が見頃
猿投の郷で桃と梨の花が一斉に開花
豊田市美術館の思い川桜が見頃
緑化センターの雪柳と桜のプロムナードが満開
同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事
 鞍ヶ池の紫陽花ロードが見頃 (2018-06-20 23:59)
 小堤西池のカキツバタ群落が開花 (2018-05-01 01:14)
 ふじの回廊が見頃 (2018-04-24 16:43)
 猿投の郷で桃と梨の花が一斉に開花 (2018-04-02 20:10)
 豊田市美術館の思い川桜が見頃 (2018-04-01 13:24)
 緑化センターの雪柳と桜のプロムナードが満開 (2018-03-28 22:50)

Posted by かとうさとる at 13:59 | Comments(0) | フォト歳時記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。