2016年08月27日

豊田世界バレコンに足を運ぶ










昨日は書の墨豊会と
豊田世界バレコンに足を運んだ




時間がないため墨豊会は別の機会にして
豊田世界バレコンの感想を簡単に





  8月26日矢作新報コラム「ぶんかの点綴観測」より転載


参加者は78名
その内、韓国を中心に
海外からも20名がエントリー


審査員委員長は元韓国国立バレエ団芸術監督で
大学教授のキム・グンスーさん

このほか審査員は元東京バレエ団プリンシパルの高岸直樹さん
ロシアサハ共和国国立ヤクーツクバレエ学校長の
D・ダリアさんほか6名

審査はコンテンポラリー&モダン部門
クラシックは年齢別に5つのブロックに分けて行われ
各部門のトップの中からグランプリが決まる

私はこれまでも足を運んでいるが
フィナルの3~5組を見る程度で
最初から全部通しで見たのは今回が初めて

初めは諏訪さんの義理で観ていたが
審査員になったつもりで
点数をつけながら見ていると意外と飽きない
何でも一工夫はしてみるもの












  コンテンポラリー&モダン部門の場当たり
  動きが軽やかで身体のドローイングを
  見ているような感じで新鮮



表彰式でわかったことだが
審査前の場当たりで目だった人は
全員が韓国のダンサーで
試合前に勝負あったという感じ






  クラシック部門の場当たり
  写真でもわかるように
  小学生高学年から中学生が目立つがみんな大人顔負け
  「キトリのバリエーションを」踊った小学生に
  ドキッとしたから末恐ろしい



私は密かに豊田バレエ学校の
坂野真愛さんを応援したが
結果はクラシック4ブロック(16~18歳)で3位
いい勉強になったのではないか






で、グランプリに輝いたのは
左の男性のダンサー
写真が拙いためわからないと思うが
この二人、誰が見てもワンランク上で納得


日本側のダンサーの
甘えの構造はさておいて
結果から想像できるのは
審査員委員長のキム・グンスーさんの
韓国における影響力の強さが
韓国側ダンサーの質を
押し上げているのではないか


運営方法で
少し気になった個所もあったが
金の卵を探すつもりで見ていると
結構楽しいから
次回は是非


同じカテゴリー(らくがき帖)の記事画像
絵本画家中村広子さんの卓上カレンダーが人気
今日から8月
今日の新聞から「秀吉の家族愛」
今朝は六所から中心市街地まで一面の雲海
八橋の杜若に異変
寺本デュオのおしゃべり音楽会
同じカテゴリー(らくがき帖)の記事
 絵本画家中村広子さんの卓上カレンダーが人気 (2017-11-09 01:59)
 今日から8月 (2017-08-01 13:18)
 今日の新聞から「秀吉の家族愛」 (2017-07-08 23:24)
 今朝は六所から中心市街地まで一面の雲海 (2017-06-09 12:47)
 八橋の杜若に異変 (2017-05-17 22:37)
 寺本デュオのおしゃべり音楽会 (2017-01-25 22:24)

Posted by かとうさとる at 02:54 | Comments(0) | らくがき帖
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。