2011年10月16日

歌の旅人


棺を蓋いて事定まる

号は忘れたが文芸春秋季刊号で著名人の追悼文特集を読んだことがある。その人の評価というものは、棺のふたをしめてはじめて決まるというが、書き手と書かれる側の最後の真剣勝負に圧倒されたことを覚えている。





挙母祭りの御神燈⇒10月15日21:00頃(挙母神社)



昨夜もBSプレミアムのHV特集
「天才・音楽家加藤和彦・栄光と苦悩究極のダンディズム」を見た






朝日新聞の土曜日Beで連載している「歌の旅人」が心に響くのも
時を経て独り歩きをはじめた歌たちへのオマージュ
追悼文になっているからではないか

道に迷ったら元きた道に戻れというが
追悼文(讃歌)を道標に来た道と行く道を思うのも悪くない


同じカテゴリー(らくがき帖)の記事画像
今年も神戸から旬の味覚のクギ煮が届いた
絵本画家中村広子さんの卓上カレンダーが人気
今日から8月
今日の新聞から「秀吉の家族愛」
今朝は六所から中心市街地まで一面の雲海
八橋の杜若に異変
同じカテゴリー(らくがき帖)の記事
 今年も神戸から旬の味覚のクギ煮が届いた (2018-03-20 01:59)
 絵本画家中村広子さんの卓上カレンダーが人気 (2017-11-09 01:59)
 今日から8月 (2017-08-01 13:18)
 今日の新聞から「秀吉の家族愛」 (2017-07-08 23:24)
 今朝は六所から中心市街地まで一面の雲海 (2017-06-09 12:47)
 八橋の杜若に異変 (2017-05-17 22:37)

Posted by かとうさとる at 13:05 | Comments(0) | らくがき帖
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。