2017年11月26日

まだ間に合う農村舞台アートプロジェクト





今日は何の日

とよたの原風景を巡るツーリズム型
アートプロジェクトとして話題の
農村舞台アートプロジェクトの第二弾
「アート展示」の最終日











  11月22日発行の中日新聞より転載


アート展示は
全国公募で選ばれたアーティストが
農村舞台の空間に
個展形式で挑むプロジェクトで
今回は3組のアーティストが挑戦




会場は藤岡地区の三舞台







迫町の磯崎神社農村舞台に
挑んだのは地元豊田市の
石堀礼子さん









藤岡飯野町の秋葉神社農村舞台に
挑んだのは東郷町の
中谷ゆうこさん








三箇町の八柱神社農村舞台に
挑んだのは島根県太田市の
中田晶子さん






紅葉も見頃


同じカテゴリー(農村舞台)の記事画像
農村舞台アートプロジェクト2017のご案内
桜の樹の下で終末時計を思う
農村舞台アートプロジェクト2017始動
まだ間に合う農村舞台アートプロジェクト
紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 2/2
紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 1/2
同じカテゴリー(農村舞台)の記事
 農村舞台アートプロジェクト2017のご案内 (2017-09-30 20:24)
 桜の樹の下で終末時計を思う (2017-04-02 03:30)
 農村舞台アートプロジェクト2017始動 (2017-02-17 12:17)
 まだ間に合う農村舞台アートプロジェクト (2016-11-25 15:17)
 紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 2/2 (2016-11-20 17:08)
 紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 1/2 (2016-11-19 21:21)

Posted by かとうさとる at 04:13 | Comments(0) | 農村舞台
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。