2017年04月19日

山笑う猿投山







俳句に山笑うという季語がある
草木が萌えはじめた
のどかで明るい春の山を
形容したものだが
俳人の感受性に脱帽









白く見えるのは山桜
山笑う春の主役は
山桜で決まり






写真はいずれも
西中山の大池から見た猿投山


同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事画像
猿投の郷で桃と梨の花が一斉に開花
豊田市美術館の思い川桜が見頃
緑化センターの雪柳と桜のプロムナードが満開
髙橋町の枝垂桜が間もなく見頃
春のことぶれを探しに奥三河小さな旅
まだ間に合う民芸館の紅葉
同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事
 猿投の郷で桃と梨の花が一斉に開花 (2018-04-02 20:10)
 豊田市美術館の思い川桜が見頃 (2018-04-01 13:24)
 緑化センターの雪柳と桜のプロムナードが満開 (2018-03-28 22:50)
 髙橋町の枝垂桜が間もなく見頃 (2018-03-19 00:43)
 春のことぶれを探しに奥三河小さな旅 (2018-01-20 21:19)
 まだ間に合う民芸館の紅葉 (2017-11-28 13:59)

Posted by かとうさとる at 22:20 | Comments(0) | フォト歳時記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。