2016年11月25日

まだ間に合う農村舞台アートプロジェクト









神戸に住む一人息子の夫婦が
亡くなった妻の遺品整理のため帰省


息子夫婦と入れ替わりに
今度はいけばな仲間の大塚さんが来豊


美術館の「蜘蛛の糸」と
農村舞台を案内したが
「三日見ぬまの紅葉かな」






  銀杏の散華で黄金色に輝く六所神社農村舞台
  背中は大塚理司さん


農村舞台アートプロジェクトも
残すところあと3日
未だの方は是非


同じカテゴリー(農村舞台)の記事画像
農村舞台アートプロジェクト2017のご案内
桜の樹の下で終末時計を思う
農村舞台アートプロジェクト2017始動
紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 2/2
紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 1/2
今月の文化アワーで農村舞台AP「アート」を特集
同じカテゴリー(農村舞台)の記事
 農村舞台アートプロジェクト2017のご案内 (2017-09-30 20:24)
 桜の樹の下で終末時計を思う (2017-04-02 03:30)
 農村舞台アートプロジェクト2017始動 (2017-02-17 12:17)
 紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 2/2 (2016-11-20 17:08)
 紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 1/2 (2016-11-19 21:21)
 今月の文化アワーで農村舞台AP「アート」を特集 (2016-10-13 22:08)

Posted by かとうさとる at 15:17 | Comments(0) | 農村舞台
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。