2017年01月27日

平成記念橋から恵那山を拝む











  平成記念橋から恵那山をズームアップ


河口から平成記念橋まで約40㌔
管流しされた木材を集積する土場や
物資が積み下ろしされた川湊の遺構など
この辺りは矢作川の文化遺産を
露天掘りするようなもの






  遠く大きく見えるのが恵那山
  恵那山を中心に左に見えるのが中央アルプス
  右側に南アルプスも遠望できる
  


写真左上の蛇行する辺りが
越戸土場のあった場所

岩村歴史資料館で岩村藩が年貢米を
木曽川の金山湊に替えるまで
越戸土場を利用して江戸に運んだという
記述を見つけたときは
一瞬目が点になってしまったが
この地が岩村道を通して
東濃地方と結ばれていた証で納得


同じく右上の岩場あたりが
材木問屋の百善土場
その先が古鼠の彦宗土場


下流を向くと延喜式に記された
荒井の兵主神社などなど
話は尽きないため割愛するが
郷土史は少し興味をもてば
景色が一変するからお薦め


同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事画像
つどいの丘のキリシマツツジが見頃
山笑う猿投山
豊田市美術館で思い川桜が見頃
乙部の丘陵地で桃の花と梨の花がランデブー
近場で見つけた春の足音
平芝公園と西山公園で春のことぶれを見つけた
同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事
 つどいの丘のキリシマツツジが見頃 (2017-04-29 01:53)
 山笑う猿投山 (2017-04-19 22:20)
 豊田市美術館で思い川桜が見頃 (2017-04-15 02:17)
 乙部の丘陵地で桃の花と梨の花がランデブー (2017-04-12 20:30)
 近場で見つけた春の足音 (2017-02-15 16:56)
 平芝公園と西山公園で春のことぶれを見つけた (2017-02-05 00:51)

Posted by かとうさとる at 22:51 | Comments(0) | フォト歳時記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。