2016年11月17日

赤い実は晩秋のセレナーデ







農村舞台アートプロジェクトの第2弾
「アート」の公開制作がはじまった松平郷で
赤い実の草木を見つけた







植物図鑑によると
根〆の赤い実は蝮草(マムシクサ)
小枝は実葛(サネカズラ)


器は中島将大さんの高麗青磁
中島さんは仕事盛りで亡くなってしまったが
私の周りで一片またひとひら
仕事仲間が消えていくのは
淋しいもの


同じカテゴリー(花日記)の記事画像
昨夜は大割烹だるまの「花」の活け替え
今夜の賄い花はシクラメン
大割烹だるまで山ツツジをいける
玄関にツツジをいける
桜をいける
今夜の賄い花は椿一輪
同じカテゴリー(花日記)の記事
 昨夜は大割烹だるまの「花」の活け替え (2017-06-03 01:45)
 今夜の賄い花はシクラメン (2017-04-25 02:24)
 大割烹だるまで山ツツジをいける (2017-04-22 03:33)
 玄関にツツジをいける (2017-04-13 22:18)
 桜をいける (2017-04-10 02:49)
 今夜の賄い花は椿一輪 (2017-03-06 00:25)

Posted by かとうさとる at 11:21 | Comments(0) | 花日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。