2016年09月12日

紙芝居と声優による村歌舞伎準備着々





今日は
矢作新報のコラムの入稿をしたあと
絵本太功記の紙芝居の原画を依頼している
中村広子さんと打合せ






  こちらは中村さんからいただいたメッセージ


打ち合わせている間にも
アイディアがどんどん膨らんで
登場人物全員を
足助の土雛をモデルにすることに






次は紙芝居の音楽を依頼している
寺本デュオから
どんな提案があるか楽しみ


明日は依頼されている
あいちトリエンナーレの取材で
岡崎会場と豊橋会場をハシゴ
夜は怒田沢の歌舞伎連の稽古の立ち合い


金曜日には
自分の作品の設置が始まるというのに
どうなることやら


同じカテゴリー(農村舞台)の記事画像
まだ間に合う農村舞台アートプロジェクト
農村舞台アートプロジェクト2017のご案内
桜の樹の下で終末時計を思う
農村舞台アートプロジェクト2017始動
まだ間に合う農村舞台アートプロジェクト
紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 2/2
同じカテゴリー(農村舞台)の記事
 まだ間に合う農村舞台アートプロジェクト (2017-11-26 04:13)
 農村舞台アートプロジェクト2017のご案内 (2017-09-30 20:24)
 桜の樹の下で終末時計を思う (2017-04-02 03:30)
 農村舞台アートプロジェクト2017始動 (2017-02-17 12:17)
 まだ間に合う農村舞台アートプロジェクト (2016-11-25 15:17)
 紅葉の松平郷で農村舞台「アート」開幕 2/2 (2016-11-20 17:08)

Posted by かとうさとる at 23:15 | Comments(0) | 農村舞台
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。