2016年07月19日

太郎公と私のラブストーリーのその後







梅雨が明けたらしいが
東海地方は空梅雨で不気味
戻り梅雨が暴れなければいいが


余談に逸れたが
「太郎公と私のラブストーリー」のその後を
簡単に報告したい






  愛馬物語 太郎公と私のラブストー
  発行日/2016年4月1日
  定価/900円+税
  著者/内藤啓子
  発行/大割烹だるま
  プロデュース/かとうさとる
  編集/かとうさとる
  デザイン装丁/かとうさとる・鈴木さゆり
  挿絵/伊丹靖夫





本書は奥付に記したように
老舗の大割烹だるまの女将さんが
乗馬クラブで出会った愛馬
太郎公との思い出を綴ったものだが
単なる追慕ではない

本の面白さは起承転結のリズム
中でもストーリーが急展開する転の
良し悪しで決まるというが
予後不良を宣告された愛馬が
病から立ち直って
ラストランの愛知馬術大会で
まさかの優勝

その報を落馬で入院中のベッドで聞くという
映画擬きのストーリーは
編集した私でも目を疑ったから
初めて読んだ人は小説と思う人も
いるのではないか

著者の退院を待って天寿を全うした
愛馬との別れのエピソードなど
編集中に不覚にも落涙したこともしばしば

NHKドラマ10の「水族館ガール」もいいが
太郎公と私のラブストーリーも
負けていない

いまは太郎公ロス状態だが
落ち着いたらドラマの脚本公募に
挑戦するつもり(笑)



参考までに↓

本書は既にJRAの角居調教師
大学の馬術部や乗馬クラブ
北海道の養老牧場などから手紙が届くなど
口コミで広がりはじめているとのことで
感謝!







  太田豊田市長を表敬した内藤啓子さん(左から3人目)





  7月6日発行の中日新聞の記事





  こちらは6月16日発行の新三河タイムスの記事





  こちらは6月24日発行の矢作新報の記事


ざっと太郎公と私のラブストーリーの
その後を記したが
多少の身贔屓は笑ってご容赦いただきたい



本書の購入を希望される方は↓

〒471-0025
愛知県豊田市西町5-1
大割烹だるま
tel:0565-31-0907
http://www.daikappodaruma.co.jp


なお本書の売り上げは
全額引退馬の養老事業などに
寄付することが決まっています


最後に「だるまさんの九転び十起」に
辛口のコメントを記したが褒め言葉で
笑ってご容赦を


同じカテゴリー(らくがき帖)の記事画像
今日から8月
今日の新聞から「秀吉の家族愛」
今朝は六所から中心市街地まで一面の雲海
八橋の杜若に異変
寺本デュオのおしゃべり音楽会
花祭りで初春を寿ぐ
同じカテゴリー(らくがき帖)の記事
 今日から8月 (2017-08-01 13:18)
 今日の新聞から「秀吉の家族愛」 (2017-07-08 23:24)
 今朝は六所から中心市街地まで一面の雲海 (2017-06-09 12:47)
 八橋の杜若に異変 (2017-05-17 22:37)
 寺本デュオのおしゃべり音楽会 (2017-01-25 22:24)
 花祭りで初春を寿ぐ (2017-01-04 02:38)

Posted by かとうさとる at 04:49 | Comments(2) | らくがき帖
この記事へのコメント
辛口コメント万歳\(^o^)/
いつでもお待ちしております笑
Posted by みかみか at 2016年08月01日 00:14
さすが九転び十起き
大物だ(笑)
Posted by かとうさとるかとうさとる at 2016年08月01日 11:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。