2016年04月07日

花見を楽しんだツケ




一人者は自由でいいというが
毎日の炊事洗濯掃除は結構大変


妻が生きているときに気がついていれば
感謝の一言も言ったのに
残念ながら後の祭り


余談に逸れたが
昨夜は本の校正で徹夜


花見を楽しんだツケで自業自得だが
今夜もいろいろあって
夜なべになりそう










  美には魔物が棲むというが
  深夜のひとり桜は怖くもあり怖くもなし



中日が勝っているからいいが
もし負けていたら
やってられない


同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事画像
まだ間に合う民芸館の紅葉
小原の四季桜が見頃
プラタナスは晩秋の標本木
タカドヤ湿地に紅葉前線が戻ってきた
つどいの丘のキリシマツツジが見頃
山笑う猿投山
同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事
 まだ間に合う民芸館の紅葉 (2017-11-28 13:59)
 小原の四季桜が見頃 (2017-11-18 04:34)
 プラタナスは晩秋の標本木 (2017-11-02 13:47)
 タカドヤ湿地に紅葉前線が戻ってきた (2017-10-30 20:55)
 つどいの丘のキリシマツツジが見頃 (2017-04-29 01:53)
 山笑う猿投山 (2017-04-19 22:20)

Posted by かとうさとる at 21:11 | Comments(0) | フォト歳時記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。