2013年01月31日

梅一輪一輪ほどの暖かさ











ぷくっとふくらんだ平芝公園の紅梅


花の咲きぐあいや散りぐあいを見て
その年の作占いをしたように
花はものの先ぶれとしてあらわれる「しるし」の意味
という説がある







平芝公園の梅林の見頃は平年並みの2月中旬頃から


季節の先触れとして咲く紅梅をみていると
そんな先人の息遣いが聞こえてくるような気がするから
血は争えない





春の胎動を
手で感じる幸せに感謝







大地を触ってみると暖かい
春の胎動を手で感じる幸せに感謝


同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事画像
小原の四季桜が見頃
プラタナスは晩秋の標本木
タカドヤ湿地に紅葉前線が戻ってきた
つどいの丘のキリシマツツジが見頃
山笑う猿投山
豊田市美術館で思い川桜が見頃
同じカテゴリー(フォト歳時記)の記事
 小原の四季桜が見頃 (2017-11-18 04:34)
 プラタナスは晩秋の標本木 (2017-11-02 13:47)
 タカドヤ湿地に紅葉前線が戻ってきた (2017-10-30 20:55)
 つどいの丘のキリシマツツジが見頃 (2017-04-29 01:53)
 山笑う猿投山 (2017-04-19 22:20)
 豊田市美術館で思い川桜が見頃 (2017-04-15 02:17)

Posted by かとうさとる at 20:23 | Comments(0) | フォト歳時記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。