2013年01月11日

とよた大橋いまむかし









オバサン連はみんな丈夫


昨日は吟詠ミュージカルに向けた吟舞夢舞台の役員会と
衆議院議員八木哲也さんを囲む新年会のハシゴ

八木さんの新年会は
みんな文化協会当時からの旧知のメンバーで
さながら同窓会のようなノリで
イイ雰囲気で
時間の発つのを忘れてしまった

ニ次会、三次会と流れるとさすがにメンバーも
一人帰り二人帰り、私も帰ろうとしたら
「もう一軒行こう」と民謡協会の村松さん

さすがに、この頃となると足元もおぼつかなくなって
店に上がる階段でコケてしまった
気の毒?なのは村松さんで
三味線を抱えたまま
私の下敷きで真っ青!

朝、心配になって電話したところ
「足をすりむいただけで大丈夫!」
とのことで安心(?)したが
オバサン連はみんな丈夫




余談に逸れたが
ウォーキング四日目は
黒川紀章の代表作
とよた大橋を歩く








豊田市美術館テラスから見たからみた
とよた大橋と豊田スタジアム(下の写真を参照)











とよた大橋と豊田スタジアム(右)



亡くなったメタボリズムの建築家黒川紀章の代表作というと
ほとんどの人が中銀カプセルタワービルや新国立美術館を挙げるが
私は文句なしに「豊田スタジアム」と「とよた大橋」を挙げる

ちなみに吉田俊英豊田市美術館長も同意見で意気投合したが
建築の専門家で「豊田スタジアム」と「とよた大橋」を挙げた人は皆無
彼らは東京の建築しか見ていないのではないか




とよた大橋いまむかし









文化協会の50周年記念誌の表紙に描かれた建設中のとよた大橋
描いたのは春陽会の田中英明さん(1995年)




同じカテゴリー(アーカイブ)の記事画像
豊田市美術館の青木野枝展今日で最終日
生物多様性の時代をひらいた児ノ口公園
とよた今昔/昭和30年代初頭の挙母市街
同じカテゴリー(アーカイブ)の記事
 豊田市美術館の青木野枝展今日で最終日 (2012-12-24 21:40)
 生物多様性の時代をひらいた児ノ口公園 (2012-12-01 14:40)
 とよた今昔/昭和30年代初頭の挙母市街 (2012-10-07 23:21)

Posted by かとうさとる at 13:35 | Comments(0) | アーカイブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。