2013年01月31日

名手アンカツ引退








私もそろそろ潮時かも


前のブログ「初めてグランパスの練習を見学」で
グランパスの練習を競馬に例えて
「競馬場で馬が返し馬をしているような感じ」と記したように
私は40年余の隠れ競馬ファンで「名馬物語」を書けるほど

競馬⇒ギャンブルというイメージがあるが
私にとって競馬は文化の一つで馬券には興味がない
人馬一体になったいいレースを観たいだけ






中でも近年は岐阜県の笠松競馬から中央に転じた
安藤勝巳のファンで昨年から騎乗回数がめっきり減って
心配していた






全スポーツ紙は言うに及ばず全国紙が大きく報じたが
地方競馬から中央競馬に転じて大レースを勝ち続けた
アンカツの背中に自分の夢を重ね合わせたファンも
多かったのではないか

豹が獲物を追うような騎乗フォームは美しく
テレビ画面でも「アンカツがきた!」と
ひと目でわかった

応援する騎手や応援する馬のいない競馬場は
住む人のいない家や食べる人のない料理と同じで
意味がない

私もそろそろ潮時かも  


Posted by かとうさとる at 21:20 | Comments(0) | らくがき帖

2013年01月31日

梅一輪一輪ほどの暖かさ











ぷくっとふくらんだ平芝公園の紅梅


花の咲きぐあいや散りぐあいを見て
その年の作占いをしたように
花はものの先ぶれとしてあらわれる「しるし」の意味
という説がある







平芝公園の梅林の見頃は平年並みの2月中旬頃から


季節の先触れとして咲く紅梅をみていると
そんな先人の息遣いが聞こえてくるような気がするから
血は争えない





春の胎動を
手で感じる幸せに感謝







大地を触ってみると暖かい
春の胎動を手で感じる幸せに感謝
  


Posted by かとうさとる at 20:23 | Comments(0) | フォト歳時記