2016年11月30日

香嵐渓もみじまつり/小原四季桜まつり最終日









気が付けば
香嵐渓のもみじまつりも
小原の四季桜まつりも
今日で最終日






中央の赤い橋は
香嵐渓のランドマーク待月橋









今日もクラブツーリズムの
観光客がいっぱい(感謝)









今は木々も静かに
フェードアウトの支度をしているが
香積寺の山門は
香嵐渓のビューポイントの一つ
 


三河路はみな冬支度







紅葉は終わってしまったが
私は初雪がちらほら舞う中で眺める
名残りの四季桜がいい
     


Posted by かとうさとる at 18:01 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年10月30日

今年も四季桜の季節が巡ってきた


昨日、所用で小原に出かけた帰路
四季桜の開花を巡ってきた


どこもまだ2~3分咲で
見頃は例年どおり
紅葉とのグラデーションが楽しめる
11月中旬以降と見た


観光客はビュースポットの
川見の四季桜を目指す人が多いが
小原地区には1万本以上の
四季桜があるというから
あわてないあわてない

小原和紙の工房や
歌人杉田久女の句碑が建つ
聖地などを巡りながら
深まりゆく山里をのんびり往くがいい



私のお薦めスポットは市場城址

市内の山城と言えば
松平郷の国指定史跡の大給城址が有名だが
地味系だが兵どもが夢の跡
市場城址も負けていない








市場城址は小原支所から車で5分ほど
標高380㍍の山頂にある室町時代の山城




詳しい説明は省くが
本丸を囲むように連続する畝状空堀群は
戦国時代によく用いられた手法だが
県内で現存するのは市内の市場城址と
旭地区の小渡城址のみというから貴重






本丸の館跡
山城は敵の動きを早く察知できる眺望が重要
現在は木々が大きくなって
見渡せるのは北東のみだが
眼下に広がる三河高原の山並みが爽快








市場城址の四季桜は
ほどよく群生して古城を修景

写真は本丸館跡北東斜面の
四季桜を撮ったものだが
淡くて霧氷と見間違えそう
  


Posted by かとうさとる at 13:15 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年10月28日

タカドヤ湿地で初紅葉を観測





昨夜は怒田沢の農村舞台
「寶栄座」と集落の再生に向けた
地元の準備会に出席

どうせ足助に行くのなら
山里の紅葉前線の定点観測を兼ねて
家を早出






  初紅葉を観測した小田木町のタカドヤ湿地



コース順に下川口の大銀杏
⇒惣田の大銀杏⇒明川の大銀杏
⇒タカドヤ湿地の紅葉⇒段戸山系の渓谷
⇒大井平公園⇒香嵐渓を巡ったが
どこも一週間ほど遅い感じ
  


Posted by かとうさとる at 11:29 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年07月17日

香嵐渓で楓の森林浴





聞こえるのは
砂利道を踏む音と川の瀬音だけ


昨夜は萩野区民会館で
農村舞台アートプロジェクトの
地元説明会に出席


萩野学区は
紅葉の名勝香嵐渓から車で10分ほど
少し早く着いたため
楓の森林浴で一休み














紅葉のシーズンともなると
紅葉狩りの観光客で混み合う香嵐渓も
聞こえるのは砂利道を踏む音と
川の瀬音だけ
  


Posted by かとうさとる at 07:41 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年05月20日

愛知牧場でヒナゲシの花が見頃





外出の帰路
三好の愛知牧場に立ち寄った







お目当てはヒナゲシの花畑
一日遅れてしまったが
「ラジオ深夜便誕生日の花と短歌」によると
昨日、19日が誕生日の花










原産地はヨーロッパの中部










花言葉の「慰め」は
ギリシャ神話に登場する
豊穣の女神デメテルが
この花を摘んで
自らの心を慰めたことに由来するそうだが
イザナミやアマテラスも
花を摘んだのかな
イメージがわかないよね




余談に逸れたがヒナゲシの問合せは
愛知牧場で検索を
  


Posted by かとうさとる at 15:13 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年05月08日

小堤西池のカキツバタ群落が見頃












国の天然記念物に指定されている
刈谷市井ヶ谷の
小堤西池のカキツバタ群落が
見頃を迎えた







小堤西池のカキツバタ群落は
京都の「太田ノ沢」(太田神社)
鳥取の「唐川」(唐川湿原) と並び
日本三大カキツバタの自生地の一つ







緑の東側丘陵地は
小堤西池の自然環境を守るため
刈谷市が国・県の助成を受けて買収した
水源涵養林で小堤西池の命の源となっている








  掲載のパンフレットは刈谷市教育委員会が発行したもの
  時間帯が合えば現地の案内所で無料で配布している
  (問合せ)刈谷市市民活動部文化観光課
  ☎0566-62-1037



宵々の雨に音なし杜若(蕪村)








小堤西池のカキツバタ群落は
自生地の自然を守るため
地元の有志によって結成された
「小堤西池のカキツバタを守る会」が
保護活動を行っているそうだが
保護は必要最小限の除草に抑え
肥料も与えていないというから徹底している









蕪村に
「宵々の雨に音なし杜若」
の句があるように
カキツバタには粉糠雨が良く似合う

この景に淡い鼠色の
スクリーントーンを重ね合わせると
その情景が理解いただけるのではないか




豊田市から小堤西池へ行くには





トヨタ自動車高岡工場を目印に
県道名古屋岡崎線を名古屋方面に向い
トヨタ自動車高岡工場の北角
「明知小石山」の信号を左折

道なりに5分ほどで
洲原公園(洲原池)に到着するから
わかりやすい


駐車場は道路沿いの
洲原公園第二駐車場が
臨時駐車場になっているため便利

駐車場からは案内表示に従って
小堤西池まで徒歩10分ほど


三河八橋のような観光地ではないため
何もないが一人静かに
カキツバタを鑑賞したい人には
最高の贅沢でお薦め
  


Posted by かとうさとる at 15:54 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年04月26日

ふじの回廊のフジが見頃








旧藤岡町の花のフジをテーマにした
「ふじの回廊」が見頃を迎えた












野山の新緑を愛でながら
ウグイスの啼き声も聴けるから
のどかで贅沢






  のんびり竿を振りたい犬伏川の渓相


豊田市中心部を一望できる
城ヶ根山展望台に続く
ハイキングコースも整備されているため
脚に自信のる方は是非チャレンジを



アクセスはこちら↓













ゴールデンウイークは
近場で小さな旅


面積で県内最大
その内の約7割が山林という豊田市は
自然の文化資源を露天掘りするようなもの






  市指定有形民俗文化財六所神社農村舞台


私のお薦めは
農山村に点在する農村舞台群巡りや
矢作川水系の川沿いに渓相をみながら
ぶらりふらり行く日帰りの小さな旅
宜しかったらどうぞ
  


Posted by かとうさとる at 21:10 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年04月20日

つどいの丘のキリシマツツジが満開












目に青葉山ホトトギス初鰹

つどいの丘でキリシマツツジの
ライトアップがはじまった















アクセス





  赤い矢印が「トヨタ労連つどいの丘研修センター」の場所
  

豊田市中心市街地より
国道419号線を小原方面に北上
猿投グリーンロード中山ICから2キロほど




問合せ

豊田市西中山町清水口133
つどいの丘研修センター
☎0565-76-1221
  


Posted by かとうさとる at 03:31 | Comments(3) | フォト歳時記

2016年04月14日

残照の大池山笑う





野山は山笑うが
花粉症で大変







  写真は残照の西中山の大池(11日夕刻)


正面は猿投山
白く見えるのは山桜

藤の花が咲き始めると
春の山は初夏に変わる





こちらは「つどいの丘」の
キリシマツツジ↓









開花は週明けあたりか  


Posted by かとうさとる at 02:49 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年04月10日

猿投の果樹園は摘花と授粉作業で大変






みんな忙しそう





「梨の花切らして」と私
「悪いけど、手が離せないで
自分で切っていって」と大澤さん







果樹園に行ったことのある人なら
見たことがあると思うが
どの畑にも1~2本
伸び放題の木がある


授粉用の花粉を採集する木で
切ってもいいというのは
この木の枝で
間違えたら大変



こちらは知らないオバちゃんに
もらった極太の筍↓


帰路、一輪車に筍を積んでいる
オバちゃんを見つけた

車を停めて「太っい筍だね」と私
「よかったら持っていくかん」とオバちゃん






で、もらったけど
どうしよう
  


Posted by かとうさとる at 20:13 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年04月09日

豊田市美術館の思川桜が見頃を迎えた







豊田市美術館の思川桜については
たびたび記しているため説明を省くが
今が満開で見頃


残念ながら
美術館が展示替えでクローズしているため
引き返してしまう人も











美術館としても
市民サービスの絶好のチャンスなのに
もったいない









美術館はクローズしているが
外周は散歩フリーでOK
  


Posted by かとうさとる at 21:39 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年04月07日

花見を楽しんだツケ




一人者は自由でいいというが
毎日の炊事洗濯掃除は結構大変


妻が生きているときに気がついていれば
感謝の一言も言ったのに
残念ながら後の祭り


余談に逸れたが
昨夜は本の校正で徹夜


花見を楽しんだツケで自業自得だが
今夜もいろいろあって
夜なべになりそう










  美には魔物が棲むというが
  深夜のひとり桜は怖くもあり怖くもなし



中日が勝っているからいいが
もし負けていたら
やってられない
  


Posted by かとうさとる at 21:11 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年04月05日

豊田市美術館の思川桜が間もなく見頃












豊田市美術館の思川桜が気になって
夕方、足を運んだ



ところが駐車場がクローズ
ホームページで検索すると
展示替えのため
4日(月)~15日(金)まで休館とのこと


大坂の造幣局の桜の通り抜けに倣って
庭園を解放することは
できない話ではないと思うが
もったいない









大池に映る美術館とエドヒガン



こちらが思川桜↓


半八重咲の淡い紅色が優しい思川桜は
足尾銅山で知られる
栃木県小山市の修道院にあった
十月桜(四季桜)から生まれた
エドヒガン群の園芸品種










名の由来は
小山市内を流れる利根川水系の
渡良瀬遊水地に注ぐ思川にちなんて゛
つけられたもの


確か京都の貴船神社を流れる川の名も
思川と言ったと思うが
何か深い意味があるのかも


余談に逸れたが
現在は8分咲きで見頃は週末あたりか


駐車場はクローズのため
市民文化会館の駐車場を利用すると
徒歩5分ほど
  


Posted by かとうさとる at 22:29 | Comments(3) | フォト歳時記

2016年04月03日

猿投山南山麓桃源郷





猿投山の南山麓に広がる乙部は
家から3キロほど

恰好のウオーキングコースだが
いまこの乙部の丘陵地が
大変なことになっている












乙部は隣の舞木地区と並んで
果樹栽培が盛んな地域だが
桃に特化した舞木と違って
梨の栽培も盛んで
白とピンクのグラデーションが見事


猿投の果樹は格別に美味いというが
日当りのいい地形と
土壌の粘土質のサバ土が
果樹栽培に適しているのではないか





こちらは3年前に
活けた梨の花↓






梨の花は
大澤梨園で切らしてもらったもの

今年もなんて…
虫のいいことは言えないよね
大澤さん!
  


Posted by かとうさとる at 21:01 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年04月03日

世の中にたえてさくらのなかりせば















  春の心はのどけからまし
  


Posted by かとうさとる at 02:10 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年03月31日

県緑化センターで桜と雪柳のプロムナードが見頃









小原の山内洋子さんから
「枝垂桜を切らしてあげるからおいでん」と
嬉しいメール


「わかった!行く」と私

そんなわけで
小原に車を走らせたが
行く途中の乙部で桃の開花状況を観察






どの果樹園も八分咲きで見頃
桃農家は美味しい桃を実らせるため
摘蕾が済むと摘花、花粉の採集、人工授粉と
てんやわんやの忙しさで
邪魔をしないようにしないと大変




次は藤岡の
県緑化センターへ寄り道






いつもなら満開のソメイヨシノも
ようやく8分咲き








早く咲かないと
雪柳が盛りを過ぎちゃうぞ!












昭和の森で見つけた花たち

蒼風花伝書に
「花は美しいけれど
いけばなが美しいとはかぎらない
花はいけたら花ではなくなるのだ
いけたら花は人になるのだ」
という一文があるが

美しい花を見ていると
その意味がよくわかる



山内洋子さんに切らしてもらった
枝垂桜は明日いけるが
無駄に切ったと言われないようにしないと
いけばなが笑われる


良心の問題だが
切ったことに少し後悔
  


Posted by かとうさとる at 02:02 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年03月29日

豊田市美術館のエドヒガン群が見頃






豊田市美術館東斜面の
エドヒガン群が見頃を迎えた










斜面の鉄のオブジェは
彫刻家の青木野枝さんの作品






七州台の移り変わりを見続けてきた
エドヒガンの名木
  


Posted by かとうさとる at 20:47 | Comments(1) | フォト歳時記

2016年03月27日

猿投の桃が開花




私が現在住んでいる
猿投山西南麓一帯は
奈良から鎌倉のはじめにかけて
1000基を超える窯が焚かれたという
日本陶磁史のルーツ
猿投山西南麓古窯祉群があったところ


時代は下って
焼き物を焼いた土壌が果樹に向いているのか
桃や梨や柿や葡萄などの栽培が盛んで
春になると一斉に花が咲くから見事










写真は乙部の果樹園
正面に見える山が猿投山
見ごろは例年並みの
4月上旬から10日前後あたりか
  


Posted by かとうさとる at 21:35 | Comments(0) | フォト歳時記

2016年03月23日

見渡せば花の海ひねもすのたりのたりかな









  高橋町の川澄さんの庭の枝垂れ桜





  矢作川の河川敷で見つけた花桃







  猿投の桃が開花に向けてスタンバイ(乙部の果樹園)
  




  緑化センターの雪柳の雲海
  見ごろは桜とコラボする週末あたりから



この花の名前わかるかな↓





蠟梅に似ているけど
蠟梅じゃないよ
  


Posted by かとうさとる at 21:23 | Comments(4) | フォト歳時記

2016年03月22日

奥山田のしだれ桜がそろそろ見頃






俊寛さんの切り絵展の帰路
奥山田の枝垂桜の開花が気になって
車を走らせた


奥山田は
三河富士の名で親しまれている
村積山の麓の集落で
豊田市の中心市街地から車で30分ほど






奥山田の枝垂桜は
女帝持統天皇の村積山行幸の際の
お手植えの伝承が残るエドヒガンの名木


例年3月20日頃咲きはじめ
1週間ほどで満開になるが
私のお薦めは淡墨色に変わる
満開から散りはじめの夕暮れ時






こちらは昨年の3月31日に撮ったもの
今日撮った上の写真と比較すると
花の色が淡紅色から
淡墨色に変わっているのが一目瞭然

散る桜
残る桜も
散る桜(良寛)


私が満開から散りはじめの夕暮れ時を
お薦めする理由が
ご理解いただけるのではないか

  


Posted by かとうさとる at 22:12 | Comments(0) | フォト歳時記