2019年06月01日

ヒナゲシの花を白磁に翳す






農村舞台地元協議の帰路
藤岡歌舞伎の太田伊津夫さんの
庭に咲くヒナゲシを手土産にいただいた


水揚げをしたあと
ヒナゲシを水彩画のように軽〜いタッチで





器/吉川正道さんの白磁  


Posted by かとうさとる at 15:49 | Comments(0) | 花日記

2019年05月08日

昨夜の賄い花はイチハツ







昨夜の賄い花は
猿投窯の山田和俊さんの工房で
手土産にいただいたイチハツ

賄い花に細工は野暮
イチハツをかくれんぼするように
ふぁ~と挿す






花/イチハツ、ツワブキ、フキ
器/柴田周夫さんの皿
  


Posted by かとうさとる at 11:25 | Comments(0) | 花日記

2019年05月07日

まだ間に合う「ふじの回廊」







ふじの名勝
藤岡地区の「ふじの回廊」で
ふじの花が今が盛り












「ふじの回廊」の総延長は372㍍
ふじの名勝は数多あるが
木々を揺らすそよ風と
鶯の啼き声をBGM代わりに
散策できるのは「ふじの回廊」だけ







問合せは
豊田市藤岡支所☎0565-76-2101
藤岡観光協会☎0565-76-6108
  


Posted by かとうさとる at 23:35 | Comments(0) | フォト歳時記

2019年04月10日

外出前に今朝の賄い花








チューリップとヤツデの葉を
鯉江良二さんの器に
軽〜く






  


Posted by かとうさとる at 11:33 | Comments(0) | 花日記

2019年04月10日

とよたの山里は春爛漫












猿投山南山麓は桃源郷に










ソメイヨシノは今が盛り










思い川桜も








山笑う猿投山






  


Posted by かとうさとる at 01:55 | Comments(0) | フォト歳時記

2019年04月02日

桃や梨や雪柳に桜、猿投山南山麓は花盛り



猿投山南山麓一帯は
県内でも有数な果樹栽培で知られているが
いま、桃の花が満開で
桃源郷と見まごうばかり







果樹園の農家は授粉作業で忙しいため
作業の邪魔にならないように
マナーの厳守を‼








愛知県緑化センターの
桜と雪柳のプロムナードの見頃は
今週末から週明けあたりまで








近場の豊田市美術館東斜面の
エドヒガン群は今が盛り
  


Posted by かとうさとる at 02:30 | Comments(0) | フォト歳時記

2019年03月29日

今夜の賄い花はラッパ水仙






春は黄色
ガラスボールに水仙を
軽〜く翳して
友遠方より来る







賄い花/ラッパ水仙、石蕗
器/食器用のガラスボール
  


Posted by かとうさとる at 04:34 | Comments(0) | 花日記

2019年03月26日

奥山田のしだれ桜が見頃








今朝の中日新聞でも紹介されている
奥山田のしだれ桜が見頃を迎えた









奥山田のしだれ桜は
「壬申の乱」で功績のあった
地方豪族をねぎらうため
三河を行幸した女帝持統天皇(645〜703)が
お手植えしたという伝承がある
県下最大規模の一本桜の名木として有名







場所は三河富士の愛称で親しまれている
村積山の麓の奥山田町

市内からのアクセスは
細川豊田線を岡崎方面に向かって南進

岡崎市細川町「北斗台口」信号を左折
道なりに車で5分ほど

見頃は今週末頃までか

  


Posted by かとうさとる at 18:44 | Comments(0) | フォト歳時記

2019年03月07日

今夜の賄い花





九谷の菓子器に椿を軽〜く盛る





 花:椿、カンナ枯れ葉
 器:九谷菓子器
  


Posted by かとうさとる at 04:40 | Comments(1) | 花日記

2018年11月06日

今朝の賄い花は秋桜









この道や行く人なしに秋の暮(芭蕉)






  


Posted by かとうさとる at 15:39 | Comments(0) | 花日記

2018年11月01日

タカドヤ湿地の紅葉が見頃





市内の紅葉の名勝と言えば
全国に知れる足助の香嵐渓で異存はないが
面積で県内最大
その内の約7割が
緑豊かな中山間地という豊田市は
隠れた紅葉の名勝を露天掘りするようなもの









そんな紅葉の名勝の一つが標高859m
小田木人形座で知れる
稲武地区小田木町のタカドヤ湿地







広葉樹とのグラデーションが癒し系で
お薦め









湿地に咲く花は花菖蒲の原種で
大昔から日本に生えていたといわれる
古典園芸植物の野花菖蒲

近年は自生地が急減
保全が急がれる貴重種のひとつ




アクセスは↓



  


Posted by かとうさとる at 03:40 | Comments(0) | フォト歳時記

2018年10月30日

今朝の賄い花は秋桜







賄い花というのは
勝手に命名したものだが
私にとっては生活の一部のようなもの

料理人があり合わせの食材で
調理する「賄い料理」と同じように
身近にある草木花を
居間などにいけて愉しむ花の意味だが
あなたもいかがですか






花/秋桜
器/粉引きの椀
  


Posted by かとうさとる at 11:07 | Comments(0) | 花日記

2018年10月19日

秋桜の思い出











当時、私が生まれ育った土橋はのどかな集落で

名鉄三河線に沿って逢妻男川が東から西に流れていた

秋になると駅の構内に秋桜が咲き

ワルガキたちの恰好の遊び道具になった

遊び方は簡単で

摘んだ秋桜の花弁を間引きしてネジレを入れ

息を吹きかけると

秋桜の花は竹トンボのように空高く舞い上がった

なんだか知らないが

嬉しくてみんな手を叩いていた







花/秋桜
器/染付鉢  


Posted by かとうさとる at 11:56 | Comments(0) | 花日記

2018年09月27日

今夜の賄い花は彼岸花












花/彼岸花
器/伊藤雄志(常滑)
  


Posted by かとうさとる at 19:20 | Comments(0) | 花日記

2018年09月16日

今夜も夜鍋








玄関に軽〜く花を翳す






花/秋海棠、萩
捶撥・籠/鳥居一峯さん(日展)
  


Posted by かとうさとる at 00:42 | Comments(0) | 花日記

2018年09月15日

今朝の賄い花は秋海棠






 雨ながら朝日まばゆし秋海棠 (水原秋桜子)






 花/秋海棠、紫蘭の葉
 器/ガラス
  


Posted by かとうさとる at 00:22 | Comments(0) | 花日記

2018年09月09日

松のことは松に聞け











大割烹だるまに大王松をいける


一種類のみの花材でこしらえる
立花や砂の物を「一色もの」と言い
江戸時代初期に活躍した
二代目池坊専好の桜一色は有名


別に一色ものに倣った訳ではないが
松のことは松に聞け








昨夜
大割烹だるまに大王松をいけた
  


Posted by かとうさとる at 00:15 | Comments(0) | 花日記

2018年09月06日

華道豊展はじまる








第44回華道豊展が
松坂屋豊田店ではじまった


会期は9月6日(木)〜9月10日(月)
前期/9月6日(木) 
中期/9月7日(金)〜9月8日(土)
後期/9月9日(日)〜9月10日(月)







私は前期に出品

前期は台風21号の影響で1日のみと
なってしまったが
よろしければどうぞ






花/大王松
器/吉川正道さんの白磁壺
  


Posted by かとうさとる at 08:54 | Comments(0) | 花日記

2018年07月12日

大割烹だるまの花を夏バージョンに











(花材)
ユッカラン・ホウズキ・シャリ木
  


Posted by かとうさとる at 14:35 | Comments(0) | 花日記

2018年06月20日

鞍ヶ池の紫陽花ロードが見頃









今は母の介護で活動していないが
演劇をしている弟に紹介されて
農村舞台にも出演していただいた
歌手の北川とみさんに
古寺で出会った素敵なカップルに
昔の思い出を重ねる
「あじさい寺」という歌がある


♪夏のはじめの 雨に誘われ
一人来たのよ あじさい寺に
絹の糸引く 雨の石段
とこか空似の人が行き過ぎる…♪


作詞したのは
ちあきなおみの「喝采」や「紅とんぼ」など
数多くのヒット曲を手掛けた吉田旺

発売されたは1976年というから
42年前の作品だが
今聴いても色褪せることがない

YouTubeで聴くことができるため
宜しければ検索を


今、鞍ヶ池公園東の紫陽花ロードで
この紫陽花が見頃を迎えた








地元の人たちが丹精を込めて
つくりあげた「紫陽花の道」
その数11,000本を数えるそうだ


紫陽花を見るなら
「あじさい寺」の歌詞に詠まれたように
雨に誘われて一人がお薦め





こちらは居間にいけた
紫陽花
  


Posted by かとうさとる at 23:59 | Comments(0) | フォト歳時記